効率的に運用することが難しく

リスティング広告を掲載する場合には広告が掲載される順位を意識する必要があります。リスティング広告は検索キーワードで検索をした場合にそのキーワードに応じてページ内に広告を表示するものですが、より高い位置、すなわち検索結果の表示の際に一番最初に画面に表示される場所に表示される方が順位が高いのです。スクロールしてからでないと見えない場所は低いのですが、スクロール自身がユーザーが操作をしないと見えない場所なので見ない場合も多く、広告効果は半減してしまいます。しかし広告順位は入札価格により決定されるので、広告費用が高い方がより順位が高くなるため、リスティング運用上はその掲載キーワードを絞り込まないと、効率的に運用することが難しくなります。

広告費用で広告掲載順位を高くすることが

リスティング運用においては、広告単価が重要な意味を持ちます。広告単価が高いほどその投資対効果を得るための購買利益を上げなければならないため、広告単価は低く抑えたいものです。しかし、リスティング広告の多くは広告単価を入札、すなわち広告主の言い値で広告を掲載しており、また広告単価が高い順に広告を掲載するため、広告掲載順位を上げるためには入札価格を上げる必要があります。その為に広告主はリスティング広告を掲載する検索キーワードを出来るだけ集中し、限定したキーワードにのみ高い入札価格でリスティング広告を掲載することで広告掲載順位を高くし、より顧客に目に留まるようにしています。リスティング運用においては出来るだけ少ない広告費用で広告掲載順位を高くすることが重要な意味を持つのです。

新着情報